⇒ 【公式オンラインショップ限定】NOV1週間豪華トライアルセット

おでこ にきび

おでこにきびは場所が場所なだけに目立つ上に頬と同じように治りが遅いという特徴があります。 おでこにきびへの対処方法は早めに手を打っておくことが大切。とはいっても どれだけ日頃からスキンケアをしていても、皮脂詰まりは起きてしまうため、肌内部での不安定な炎症や細胞破壊のトラブルをできるだけ防止して、にきびが繰り返しできないように ケアすることが求められます。

白にきびであれば比較的、にきびの症状としては軽いため、 洗顔などのクレンジングケアで、おでこに対してできにくくすることができます。 膿が目立つようであれば、早めに消毒した針などで小さく膿が溜まっている皮膚表面に針をプスッと穴を空けて膿を慎重に放出させることで 早めな肌回復、自然治癒につなげることが可能です。

逆に赤にきびのような、炎症が酷く、腫れあがって凸が目立つような場合のにきびだと、 潰さないことが求められますし、潰してしまうと、にきび跡の色素沈着や クレーターという傷跡として残る可能性が出てくるため、かなりの注意が必要です。なのでおでこに赤く炎症している酷い状態の患部に対しては安易に穴を空けることはやめておいた方がいいですね。

おでこにきびの予防方法としては、やはり洗顔が基本となりますが、 洗顔をやり過ぎてしまうと、必要以上に角質を取り除いてしまったり、 皮脂を洗い流してしまうため、より一層、分泌される皮脂が増えてしまい おでこに、にきびトラブルが増加する危険性もあります。

洗顔剤や石鹸などにはピーリング効果のある成分が配合されている製品もあるため、過剰な使用が逆に肌トラブルを発生させる可能性もあるため、使用する程度は自分の肌で体感して確認するのがいいでしょう。

おでこにきびできる原因として、前髪がかかることで雑菌が付着したり、 皮膚に刺激を与えてにきびができてしまうという指摘もありますが、 個人差がありますし、おでこの皮膚部分に髪の毛が触れているからといって 必ずしもにきびができるわけではないため、もし思い当たるなら 髪の毛が皮膚に触れていないかどうか見直しするといいかもしれません。まずは身近な生活習慣の見直しや化粧水などの保湿ケアからスタートするといいでしょう。
 


 

© 2016 ニキビ rss