>> 3分に1個売れています。みんなの肌潤糖【クリア】

ニキビを予防するための洗顔ですが基本は朝と夜に1回づつ、一日に合計2回、石鹸や洗顔料で洗う方法がいいですが、洗顔回数を多くやり過ぎると、肌への刺激を必要用に与えてしまったり、油分が含まれている製品を使っていると肌の乾燥に繋がります。

特に男性向けの洗顔料や化粧品類に油分が含まれているものがあるので、製品選びの際は注意しながら選んだ方がいいでしょう。

低刺激で肌に合う製品を使って、こんもり、ふわっとしたボリュームのある泡で擦らず優しく洗います。逆に泡が少ないながら効果的に肌のメイクや不要な古い角質、毛穴の角栓を浮かせて落とすような製品を使っても良いですね。

洗った感じ、心地よさなども好みが分かれると思うので自分が使ってみて違和感を感じない、気持ちが良い製品がいいですね。赤にきびや、白にきび、黒にきびを改善、予防するためにサリチル酸やグリコール酸が含まれる製品を使っている人も少なくないと思いますが、効果があれば問題ないです。

しかし、ディフェリンゲルなどのニキビ薬をすでに使用しているようだと洗顔の刺激と合わさって肌への刺激が増大してしまい、肌のバリア機能が低下したり肌トラブルが発生しやすいような不安定で不健康な肌になってしまう危険性もあるので、にきび薬と洗顔との併用ケアには十分注意が必要と言えます。

洗顔後は必要に応じて化粧水やローション、ジェルなどで保湿するといいですが、思春期にきびだと逆に肌がベトついて、逆効果になる場合もあるので乾燥が原因として考えられる大人にきびのケアを目的とするなら保湿をしっかりやるというのも押さえておきたいポイントと言えるでしょう。
 

© 2016 ニキビ rss