⇒ 大人ニキビ対策【NOV】

にきび治療

にきびは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)という医学的に皮膚の病気として認められているので、にきび治療を皮膚科などで受けた場合、保険適用の対象なっています。では医学的な治療はどういった内容になるかというと、大きく分けて外用薬と内服薬を使用するのが一般的です。

まずはできてしまったにきびに対して使用する外用薬があります。 外用薬として有名なのがディフェリゲルという薬があり、日本では2008年に認可されました。 にきびに対して炎症の抑制、毛穴の皮脂詰まりを改善する効果があり、にきびを防止するという観点からも 有効な治療薬の一つとなっています。

外用薬の中には抗生物質もあります。抗生物質も保険適用がされますが、アクアチムクリームやアクアチムローション、ダラシンTゲルなどがあり、効果としては外部から働きかけて細菌の増殖を防ぎ、殺菌することでにきびを治す、改善する作用があります。

外用薬の次に挙げられるのが内服薬です。こちらも保険適用の対象になります。重症、重度のにきびとなると内側から内服薬を摂取することで、 にきびの発生を抑制するアプローチ、治療を行うことがあります。 内服薬の抗生物質としてはルリッド、クラリス、ミノマイシンなどがあります。

ただし、外用薬にしても内服薬にしても副作用が生じることがあるため注意も必要です。副作用としては肌のほてり感や、肌荒れ、何らかの皮膚疾患を体感として感じたりするため、何かしら違和感を感じたら医師に相談して場合によっては薬の使用を中止、治療方法を見直すことも必要です。

外用薬や内服薬を使った治療以外には直接的に炎症患部の膿を取り出す処置がとられることもあります。白にきびや黄色にきび、黒にきびに対して膿や芯を押し出す方法として 面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)という方法がありますが、 面皰圧出器という道具を使用して出すこの処置に対しても保険適用の対象になりますが、 治療するにきびの数に制限があるようです。

ただし、厳密に何個までのにきびなら 保険適用という決まりはなく、病院やクリニックによって対応に違いがあるようなので、もし気になるようであれば、直接担当医師に確認してみるといいでしょう。
 



© 2016 ニキビ rss