⇒ 【公式オンラインショップ限定】NOV1週間豪華トライアルセット

赤ニキビ

赤ニキビは炎症が進むと痛みが生じて酷いものだと、しこりも大きくなってきます。最悪なのは内部から膿や皮脂が溜まって表面に黄色い物が出てくる状態は見た目も悪く、表面を突き破った後に膿が飛び出したり出血したりすると気分的にもかなり不快な気持ちにさせられるものです。

1つや2つの赤にきびなら我慢できるかもしれませんが、頬やおでこ、顎周りに沢山の赤にきびができてしまうと、さすがに病院や皮膚科などに治療へ受けに行かないとダメなんじゃ?と思い悩む傾向が高まるようです。

にきびの原因としてはホルモン分泌量(男性ホルモン)が増大してしまうことで皮脂分泌量が増加します。皮脂が皮脂腺、毛穴を通じて体外に排出されれば良いですが、皮脂腺や毛穴が詰ってしまう、流れがストップしてしまうと、にきびの炎症につながるわけです。

毛穴が詰ると角栓ができて角栓が新たな炎症を引き起こすこともあるのでそうならないための洗顔や化粧水、美容液などでソフトなケアをしていくのが良いでしょう。赤にきびは内部で炎症が起きているのに対して、白ニキビなどは比較的、皮膚表面に近い部分で白く表面に溜まる状態になるので見た目としても違いが分かると思います。

医学的に治療、治す方法としては、にきび薬を使うのが一般的といえますが初期段階の赤にきびに対して効果効能は限定的で一時的に作用する程度が多いです。できてしまった赤にきびに対処することも必要ですが、先を見据えて事前に予防することを優先することが、根本的な治療に繋がると言えます。
 

 

 

 

© 2016 ニキビ rss